MENU

東京糸魚川会 会則

東京糸魚川会(以下、当会)の運営する東京糸魚川会公式サイト(以下、当サイト)では、以下の基準を設けこれを厳守いたします。

第1条

本会は郷里糸魚川市の発展に資する活動を通じ、会員相互の親睦を厚くすることを目的とします。

第2条

このため下記の事業を行います。
1.会員名簿及び会誌の発行
2.会員の懇親
3.その他の本会の目的達成に必要なこと

第3条

事務所は東京都内(もしくは都周辺)に置きます。

第4条

下記の者を本会の会員とします。
1.糸魚川市出身者及び糸魚川に縁のある方を会員とします。
2.本会に貢献頂いた方、また特に関係の深い方を名誉会員とし、会長が委嘱します。
3.会誌有料購読者を賛同会員とします。

第5条

会員は会の維持費として年1回会費を納めなければなりません。
1.一般会員 3,000円(但し、夫婦会員は1組3,000円)
2.賛同会員は会誌送付時に1,500円を同封の払込書で納入とする。

第6条

本会には下記の役員を置きます。
1.会  長・・・・・1名
2.副 会 長・・・・・2名以上
3.顧  問・・・・・若干名
4.常任幹事・・・・・若干名
5.幹  事・・・・・若干名
6.事務局長・・・・・1名
7.監  査・・・・・若干名

第7条

役員は会員の中より推薦され、会長、副会長は、役員の互選によって決めることとします。
顧問は役員によって推薦し、会長が委嘱します。
役員の役務分担(常任幹事、幹事、事務局長、監査)は会長、副会長が協議の上推薦し、会長が委嘱します。

第8条

会長は会務を統括し、副会長及び常任幹事、幹事はそれを執行します。
監査は会務及び会計の執行について監査します。

第8条の2

会長が病気その他一時的に必要と認めた場合役員会に諮り、会長が会長代行を任命することがあります。

第9条

顧問は会長の諮門に応じ、その他の役員は会長を補佐し、会の運営、会員相互の連絡に当たるものとします。

第10条

役員の任期は3ヶ年とし、再任は妨げません。

第11条

総会は毎年1回開きます。

第12条

下記事項は定期総会に提出し、その承認を受けねばなりません。
1.事業報告
2.前年度収支決算

第13条

会員相互の親睦を深めるため各種企画を実施します。
1.定期総会時に懇親会を行います。
2.新年には有志新年会を行います。
3.ゴルフ同好会を置きコンペを行います。
4.若手部会、女性部会、広報部会を置き会の活性化を図ります。

第14条

本会の行事年度は4月1日より翌年3月31日とします。

第15条

その他必要により協議の上定めます。

[附則]
本会即は昭和52年10月01日から制定、施行された。
その後逐次改訂され現在に至る。
平成01年10月01日改定   平成05年11月05日改定
平成08年10月01日改定   平成12年10月20日改定
平成17年10月01日改定   平成19年10月01日改定
平成20年10月01日改定   平成28年10月01日改定

(会名称の変遷)
昭和52年~昭和56年  東京糸魚川会
昭和57年~平成18年  東京おまんた会
平成19年~現在に至る 東京糸魚川会