033 新潟展 at 日本橋三越本店

2-糸魚川 - 東京 B-通常掲載

Pocket

2009年11月26日(木)、日本橋三越魂店7階にて うまさぎっしり新潟 第11回新潟展に行ってきました。
11月25日から30日までの開催です。


日本橋三越本店の新潟展

ご存知でしょうが、三越は日本最初の百貨店であり、特に日本橋三越は高級店のイメージのある百貨店です。
日本の百貨店は冬の時代で、今年の池袋店を初め相次ぐ閉店に寂しい感はありますが、ここ日本橋三越店内は非常に活気があり健在です。


日本橋三越本店の新潟展

三越本店には、「とびっきりの新潟展」の垂れ幕が見えます。


日本橋三越本店の新潟展

この日本橋三越の大通りを挟んで、第四銀行東京支店があります。
私も糸魚川関係でお金の振込みや引き落としに、ここ日本橋三越前の第四銀行東京支店を利用しています。
表参道のネスパスは知る人は少なくありませんが、日本橋にいがた館NICOプラザもここにあります。


日本橋三越本店の新潟展

日本橋三越本店に入って直ぐの風景です。平日のお昼頃ですが、店内は買い物客が沢山います。


日本橋三越本店の新潟展

ひと昔のデパートには、必ずと言っていいほどエレベーターガールがいたものですが、最近はエレベーターガールのいるデパートなんか殆ど見かけません。
しかし、日本橋本店本館は、今もなおエレベーターガールがいます。


日本橋三越本店の新潟展

7階にあがると、奥に新潟展の垂れ幕が見えます。早々に目的地に向かいます。


日本橋三越本店の新潟展

ここが新潟展の現場です。凄い人だかりです。少し離れないと写真も撮れないくらい混雑しています。
尚、写真撮影は、新潟展の案内係の三越社員の方に確認を行っています。「特に、問題ないです」とのことでした。


日本橋三越本店の新潟展

会場の雰囲気だけをお見せします。


日本橋三越本店の新潟展



日本橋三越本店の新潟展

実は、今回の目的はこのお店です。糸魚川寺町より田鹿麩店さんが出店しています。「昔づくりのところ天」、「手作りエゴ」、伝統の「くるま麩」などを販売しています。
上の笑顔の素敵な方が田鹿麩店の奥様です。


日本橋三越本店の新潟展

田鹿麩店さんは、今年発行の東京糸魚川会会誌第33号の166頁に広告が掲載されています。
写真をクリックして拡大アップしてご覧下さい。
写真を撮ろうにもお客さんが次々に立ち止まり、なかなか写真が撮れないほどです。


日本橋三越本店の新潟展

こちらも写真をクリックして拡大アップしてご覧下さい。


日本橋三越本店の新潟展

エビやイカの焼いた香ばしい匂いが漂います。振り返ると田鹿麩店さん向かいのお店、寺泊の浜焼きセンターさんです。


日本橋三越本店の新潟展

糸魚川の日本ヒスイ鉱業さんも翡翠の展示販売を行っていました。


とにかく凄い人の賑わいでした。立ち止まってお客さんの会話を聞いていると、新潟に無関係であっても7階まで上がってきて、新潟の特産品を見て回っているのが分かりました。

この人の数なら売れ行きが期待できそうです。

以上、毎度毎度の東京糸魚川会web担当榊のレポートでした。

« »