042 葛飾区新潟県人会新年祝賀会

5-東京新潟県人会 B-通常掲載

Pocket

2010年2月20日(土)平成22年度 葛飾区新潟県人会の新年祝賀会が開かれました。

私的で申し訳ありませんが、ブログ投稿者である私は、東京糸魚川会の会員であり葛飾区在住です。今年も懲りずに参加しました。

葛飾区新潟県人会新年祝賀会

会場は葛飾金町駅近くの二葉会館。
私は自宅から自転車で、ちょうど葛飾柴又の寅さんの帝釈天の前を通過して会場に向かいました。


葛飾区新潟県人会新年祝賀会

左から2番目が昨年11月に新しく葛飾区長として就任した青木区長。
その左が2週間前の東京糸魚川会新年祝賀会にご来賓としてご出席頂きました東京新潟県人会の廣川副会長。

県人会で「長」のつく方たちは、この手の新年会に連日連夜出席しているそうです。
県人会と関係ありませんが、青木区長は今年の新年会だけで既に200箇所以上出席しているとのことです。


葛飾区新潟県人会新年祝賀会

中央の平沢勝栄先生も町田市長選挙応援後に町田の方から渋滞に巻き込まれながら駆けつけて頂いています。
平沢先生を中央に挟んで、山田県人会副会長(左)と葛飾区県人会加藤会長(右)。



当日の昼間、仕事絡みで有楽町の国際フォーラムに出かけています。
用件も終了し、有楽町の三省堂書店に何気なく足を踏み入れると、そこで東国原知事が出版サイン会を行っていました。(写真撮影NGで載せられません)

地方という生き方~僕たちが東京を離れた理由

「地方という生き方~僕たちが東京を離れた理由」
タイトルが実に粋です。

人としての幸せは地方にあり(東国原氏)、東京にいると人間が小さくなる(洋七氏)・・・東京を離れると本当の幸せが見えてくる。
そんなことを語っているそうです。

« »