043 百年物語 at 日本橋

1-東京糸魚川会 B-通常掲載


2010年3月01日(月) 別件で日本橋に出かけたついでに、新潟県に関係する100年物語の作品を展示している日本橋三越に立ち寄りました。
朝は寒かったのですが、昼過ぎになるとコートを着ていると汗をかくくらいです。


百年物語

ちょっと、その前に第四銀行に寄って通帳記帳します。糸魚川の引き落とし等は第四銀行にしているので第四銀行東京支店は重宝しています。


百年物語

実はここ第四銀行東京支店は、新潟の郷土民芸品を扱っている 日本橋にいがた館 NICOプラザ の上にあります。地味だけど第四銀行の看板が見えます。 NICOプラザは原宿にあるネスパスみたいなもんです。

店内は十日町の 『 へぎそば 』 の販売を行っていました。
へぎそばの へぎ とは、片木のことで、その器に載せて供されることに由来しているそうです。
資料をかき集めてきましたので、糸魚川に関係ないかもしれませんが、機会があればご紹介します。


百年物語

面白いことに、にいがた館の数軒左に、 にほんばし島根館 があります。


百年物語

更に にいがた館の数軒右には、 奈良まほろば館 なるものがあるんです。
どこの県も情報発信しているんですね。どれも店内の写真を撮影しているので、別の機会にご紹介します。
恐らくこの近くに他の県の情報発信館があるかもしれません。


百年物語

この 奈良まほろば館 がある通りの向こうは、ご覧の通り日本版三越が見えます。


百年物語

早々に日本版三越に入ります。
一階中央広場にあるのが、百年物語プロジェクトの作品です。


この百年物語とは、新潟県内の企業や工房 と 財団法人にいがた産業創造機構(NICO)が共同で推し進めているプロジェクトを指します。
包丁・小物入れ、ガラス製品などデザインの優れた高級感ある道具を発信しています。

店内で写真撮影の許可を快く頂き沢山の写真を撮影していますので、改めて別の機会にお伝えしますね。

« »