014 第33号 会誌編集会議(#1)

1-東京糸魚川会 B-通常掲載

Pocket

2009年06月29日 (月)14:00~17:00 東京糸魚川会 第33号 会誌編集会議が行われました。

東京糸魚川会にとって毎年発行される会誌はメインテーマです。
それに関する編集会議です。役員12名の参加となっています。

夏の代名詞 夏の花火大会 が不況の影響で、スポンサーが集まらず苦戦をしている。
規模を縮小して開催されれば良いほうで、開催を中止する地域も出現している。


そんな話題と同様に・・・会誌を発行するためには資金が必要、東京糸魚川会の会誌発行にもスポンサーが必要。
毎年欠かさず発行する会誌も大変な作業と改めて感じます。

東京糸魚川会々誌編集会議
東京糸魚川会々誌編集会議

皆さん自由活発な意見の中、東京大学庭師倶楽部 なる話題が個人的に気になりました。
要は 糸魚川を大きな庭と見立て、糸魚川の環境・風土の調査を行う団体 とでもなるでしょうか。
糸魚川に長く住んでいると この地域の慣習・風土が当然のことと思ってしまいます。
外部の方の報告内容を知ると あなたもきっと驚くことでしょう。

今後、「 糸魚川ジオパーク 」 の他に 「 東京大学庭師倶楽部 」 もキーワードになるかもしれません。
この詳細内容は、別の機会に詳しく触れたいと思います。

東京糸魚川会々誌編集会議
東京糸魚川会々誌編集会議

打合わせ終了後、東京新潟県人会館 地下1階の郷土料理「朱鷺」で懇談会となりました。

東京糸魚川会の組織も一段と結束が固くなり、ボランティア精神旺盛な会へと進んでいます。
皆様、お疲れ様でした。

« »