140 糸魚川青年会議所 ACTION!

4-糸魚川 B-通常掲載


2012年3月7日 糸魚川青年会議所の皆さんが糸魚川のまちづくり広報戦略の第一アクションとして例会を開催されました。
東京糸魚川会7名、関西糸魚川会1名が当日参加しています。

きっかけは、今年の東京糸魚川会の新年会に青年会議所の皆さんが7名参加されました。
今回はその返礼に東京糸魚川会から7名の参加となった訳です。

糸魚川青年会議所

14時開始直後の商工会議所2階の風景


糸魚川青年会議所

委員会の方による趣旨説明
糸魚川市を広く世間にアピールするための手法、糸魚川在住の若人の熱い思いが伝わります。


糸魚川青年会議所

青年会議所の木島理事長による挨拶があり、右手に座られている講師である横山さんによる、現在流行の「ソーシャルメディアとは何ぞや から その必要性」 の話が続きます。


糸魚川青年会議所

「ソーシャルメディアとヒューマンネットワーク」をテーマの講演途中の風景、主にfacebook、Twitter、Youtube等の内容となります。
疑似雪合戦風景をその場でfacebookにアップし、それを見た人が投稿する様子がリアルタイムに反映されます。一つの投稿が人から人に広がることを実例で紹介します。


糸魚川青年会議所

これからテーブルを8つに分け交流会が始まります。
正直、人が多いので覚えきれません。
名刺交換があると知っていたら、沢山の名刺を持参してきたのですが、とても名刺が足りません。


糸魚川青年会議所

岩崎副理事長謝辞で閉会となります。
3時間ほどでしたでしょうか? 熱気を感じた例会でした。やっぱり情熱のある若い人と話すのは実に気持ちが良いものです。(私が歳をとった証拠ですが)


糸魚川青年会議所

会が終了して、5時半頃、東京のレインボータウンFM放送局と糸魚川青年会議所との生中継。映像はUSTREAMによる生の映像。


かってメディア戦略は新聞で広告を打ち、POPなチラシを沢山出し、著名な人から書評を貰うことが広く認知する手段だった。

しかし、今は違う。インターネットによる人間同士のクチコミが従来のマス広告より信頼のある有力な手段になろうとしている。
それが、極端に宣伝費用をかけずに広めることができる。
すごい時代に突入しつつある・・・。


糸魚川青年会議所

焼肉屋さん昌京苑での懇親会、広い空間で活気ある内容となりました。


糸魚川青年会議所

ソーシャルメディアの有効性は若い人ほど良く知っているし、黙っていてもやる。
今後は若者だけでなく、年配者にも浸透させる方法をどうするかです。(これが難しいんだな)


ともあれ、非常に活気のある1日を過ごしました。
久しぶりに旨いビールをたらふく飲みました。焼肉も旨かった!

別途、東京糸魚川会に 「Inaka Taiken」 をご紹介します。

« »